憧れの女上司と 伊織涼子

×

動画の続きを見る

憧れの女上司と 伊織涼子

出来る女上司伊織涼子さんは僕の憧れの存在だ。今日は日帰りで営業回り。なかなか契約も取れず、終電に間に合わなかった僕たちは宿泊施設を探した。やっと見つけた温泉宿だったが、1部屋しか空いておらず、僕は伊織先輩と一夜を共にする事になた。嬉しくて楽しくて何を話したかは覚えていないけど、僕は先輩を抱きしめていた。先輩は少し恥ずかしそうに僕にキスをした。そこからカラダを弄りあい二人で愛し合った。翌朝、彼女のキスで目を覚ました僕は、再び先輩の体を欲した。そして時間のある限りお互いを求めあった。旅館を後にする時、先輩は僕のネクタイを直した。その瞳は上司のそれではなく、僕を愛おしむ女の眼差しだった…。

動画の続きを見る